映画「ハングオーバー 史上最悪の二日酔い、国境を越える」あらすじ

歯科医師のステュからの留守電から始まる。ステュのタイでの結婚式の前にステュ、フィル、アランの三人が頭を抱えて座っている。バチェラーパーティーをまたやってしまったとか。この町どこなのかわからない。今回はステュの結婚式の前祝にいこうと、でもアランを迎えにいくと喜んでいくと招待してくれるの、楽しみだと。4人は出国した。今回はアランが17歳の天才をいじる。ローレンはステュの新婦で弟のテディーは17歳天才。テディーはチェロもお得意。でもタイの義父は口が悪くステュを悪く言うのでひどい。4人はバチェラーに出かけ、ゴキブリがいるよな汚い宿で目が覚める。またやってしまっていた。蒸し暑い部屋で、なんとアランは髪の毛がふさふさだったのが、禿になっていた。髭はあるのに。ここどこなんだ。ステュが何と起きると顔の半分に入れ墨をしている。おさるさんがいる、アランはおさるをかわいがる。ダぐはホテルから電話があり、何してるんだと。おさると三人とチヤウという裸の男が加わる、アランから結婚式にチヤウも招待したと。バンコクから来たんだとチヤウ。4人はバンコクに来ていた。真相がどんどん判明してきた。部屋で指が見つかる。天才テディーの指らしい。チヤウは薬をするので気を失い手に負えないので氷の中に放り込んで三人は出かける。さるの存在も気になる。入れ墨屋に行き現実から逃げたくてステュは落ち込む。テディーを必死に探す。僧侶のいる寺院に忍び込んでぶたれたり。さるを返すときにアランはセンチメンタルになる。テディーは停電でエレベーターに閉じ込められていた。結婚式に間に合いハッピーエンドだ。

映画「ハングオーバー 史上最悪の二日酔い、国境を越える」感想

結婚式の前に海外でバチェラーパーティーをよくやるみたいだが、この酔っ払いたちのバカ騒ぎで、大変な事件、物語に進んでいく。ステュの新婦ローレンの弟、天才のテディーは手の指がなくなったのに幸せなんだという。訳が分からないがこの映画の面白いところで、今回は前作の二回目でステュの結婚式です。最後にバンコクまで乗ってきたモーターボートで四人は最後に結婚式に向かうが、アランが運転するがヨットクラブで育ったといいお金持ちの一面が凄く出ている。義父の悪口に最後に平凡な歯医者ではないと、僕には暗黒面があると、アランがそこで面白く盛り上げる。アランのふさふさの頭が禿にそってあるのも凄く面白く笑えます。こんな面白い4人で起こす事件もこの幸せな最後の結婚式の為にすべてあると思います。タイならでわの結婚式のスタイルも魅力です。笑いあり涙ありで、でも最後にアランが面白すぎる歌をうたいます。この歌の贈り物の衝撃がすごすぎます。是非みて欲しいです。